オイルセパレーター

製品名オイルセパレーター 業界自動車
寸法L230×W200×H80 材質AC2A-F
精度肉厚1.5mm 面粗度Rz100
納期5週間 ロット数25台
課題内容薄肉1.5mmの砂型鋳造による成型
オイルセパレータ|アルミ精密鋳造 試作センター.com

特徴

自動車に搭載されるオイルセパレータを、砂型鋳造にて製作しました。オイルセパレータは、潤滑油内に混入した気体を分離するための部品です。
従来は厚肉部を鍛造品、薄肉部をプレス品で製作し、溶接をして、一帯の部品にしていました。
先方からは一体型で製作し、コストダウン及び製造リードタイム短縮を要望されていました。
一般肉厚は1.5mmと薄肉であり、砂型鋳造では難しいためダイキャストでの生産をお考えでしたが、小ロットであり、金型製作費用が割高になってしまうことを懸念されており、砂型鋳造での薄肉成型を得意としてお当社にご相談頂きました。
木型設計・素材製作技術と徹底した鋳造解析により薄肉を成型しましたが、薄肉の場合、歪みが発生しやすくなります。そこで、内製している検査冶具を用いて熟練した作業者により歪み矯正を行うことで歪みを取り除き、バラツキを抑えた、高精度な1.5mmの薄肉成型を実現しました。
砂型鋳造で当オイルセパレータを製造することに不安を持たれていたお客様も、現物を確認頂き品質に驚かれ、その後も継続的に薄肉製品の鋳造依頼を頂戴しております。

アルミ鋳物 課題解決センターは、砂型鋳造での薄肉成型を得意としております。これまで、砂型鋳造では困難だと判断され、ダイキャスト・ロストワックスを用いて製造されていた製品を、工法変換し大幅なコストダウン及び製造リードタイムの短縮に繋げた実績を多数持ちます。薄肉鋳造品のコスト、納期にお悩みをお持ちの皆様、お気軽に当社にお問合せください。