砂型による精密鋳造で試作・小ロット製品のコストダウンを実現!

アルミ鋳物の素材と熱処理に関する
お悩み相談室

マルサン木型製作所では、お客様が求める製品特性・機械的性質を実現するために、

企画段階から参画し、コンサルティングを行ってまいりました。

培ってきた知見・ノウハウをもとに、特に皆様より相談の多い、熱処理・素材に関するご質問にお答えします。

アルミ鋳物に関する技術資料

アルミ鋳物 課題解決センターが刊行するガイドブックについて、無料でDLが可能です。

是非ご確認ください。

アルミ鋳物 課題解決センターとは?

アルミ鋳物 課題解決センターは、砂型鋳造を用いて、ダイキャスト・ロストワックス同等の品質で、
かつ短納期で鋳物を製造してきたマルサン木型製作所が運営する、 アルミ鋳造に関する専門情報サイトです。
私たちは下記の7つの鋳造技術を保有し、皆様に選ばれ続けてきました。

アルミ鋳物 課題解決センターが保有する
8つの砂型鋳造技術

工法変換による工程短縮!
コストダウン鋳造技術

肉厚1.5mmの実現!
薄肉鋳造技術

業界最速納品!
試作鋳造技術

アルミと鉄の接合!
異材結合鋳造技術

多様なアルミ材質を砂型鋳造!
ADC鋳造技術

鋳造欠陥を回避!
鋳巣対処鋳造技術

3Dプリンターを活用!
ハイブリット鋳造技術

自社開発のAC素材
高靭性鋳物鋳造技術

アルミ鋳物 課題解決センターが
提供するサービス

アルミ鋳物 課題解決センターは、高い寸法精度や短納期対応などの強みを生かし、
「必ず」皆様に満足頂けるサービスを提供しています。
私たちが提供するサービスをご紹介します。

高精度で、鋳造欠陥を回避できる私たちの砂型鋳造で
皆様の”無理難題”を解決します

アルミ鋳物 課題解決センターは、試作・小ロット品において、砂型を用いた精密鋳造により 品質・コスト・納期のすべての面で、皆様の”無理難題”にお応えしてきました。 私たちの改題解決・製品事例をご紹介します。

アルミ鋳物 課題解決センターが
お役立ち情報をお届けします

アルミ鋳物 課題解決センターを運営するマルサン木型製作所は、砂型アルミ鋳造の専門集団です。 木型製作から創業した当社は、木型・砂型・鋳造に関する他社にはないノウハウ・知見を保有し、 皆様から選ばれ続けてきました。
私たちの培ってきたノウハウ・知見を、技術コラムにより余すことなくお伝えします。

  • アルミ砂型鋳物による試作鋳造について
  • アルミ砂型鋳物の製作は概ね次のような流れになります。

     ① お問い合わせ
     ② 概略の費用、リードタイムのご回答
     ③ 製品形状データの受け渡し
     ④ 鋳物形状、方案の設計および鋳造解析
     ⑤ 木型製作
     ⑥ トライ鋳造による寸法、形状および品質確認
     ⑦ 鋳造→熱処理→仕上げ→検査
     ⑧ 出荷

    弊社の特長としましては、鋳造方案設計から木型製作、鋳造、熱処理まで社内一貫体制で対応が可能という点です。従いまして、効率的な日程計画を組むことができ、リードタイム短縮が可能となります。

     

  • 低圧鋳造法のメリット、デメリットについて
  • 低圧鋳造法(Low Pressure Die Casting)とは数十kpaの圧力を溶湯に負荷して、溶湯を鋳型内に充填し、凝固させる鋳造法です。

    低圧鋳造法の装置と、工程の概要を図1.に示します。

    鋳型は通常は金型が用いられます。
    鋳型は水平割りの構造で、上型を上下させる鋳造装置本体と、溶湯を保持する保持炉から構成されています。下型には溶湯を充填するためのストークと呼ばれる管が接続されます。

    また、鋳造工程は次のようなものになります。

    ① 中子を使用する製品では下型に中子を収める。
    ② 上型(および横型)を閉めて、溶湯表面を空気または不活性ガスで加圧する。
    ③ 溶湯を充填後、圧力を増圧、保持して凝固させる。
    ④ 製品部が凝固したら、保持炉内の圧力を抜いてストーク内の溶湯を保持炉に戻す。
      その後、上型を開いて凝固した鋳物を取り出す。

    低圧鋳造の工程概要

     

  • AC3Aの鋳造!材質の特徴
  • 鋳物用合金のAC3Aとダイカスト用の類似合金のADC1の化学成分を表1に示します。

    AC3A合金はSi含有量が10.0~13.0%の、いわゆるAl-Si共晶型合金です。Si含有量が12.6%の場合を共晶組成と呼び、それよりもSi量が低い場合を亜共晶、高い場合を過共晶と呼びます。
    通常のアルミ鋳物用合金で含有しているCuおよびMgは含有しておらず、不純物扱いとなります。

    ダイカスト用の類似合金のADC1も共晶型合金です。ダイカスト合金の場合は鋳物用合金に比べて、不純物の許容値が高く、特にFeは金型との焼付き防止のために高めに含有しています。

お気軽にご相談ください

アルミ鋳物 課題解決センターを運営するマルサン木型製作所は、 ”無理難題”に挑み続ける社風を醸成し、試作・小ロット製品における皆様の課題を解決してきました。 私たちの砂型鋳造技術で、必ず皆様の課題を解決します。お気軽にご相談ください。

技術資料ダウンロード

お問い合わせ

よくある質問

Copyright © 株式会社マルサン木型製作所 All Rights Reserved.
お悩み相談室