砂型による精密鋳造で試作・小ロット製品のコストダウンを実現!

設備・機械メーカーの皆様へ

  • HOME »
  • 設備・機械メーカーの皆様へ

アルミ鋳物 課題解決センターが
設備・機械メーカーの設計担当者の方に提供するサービス

アルミ鋳物 課題解決センターを運営するマルサン木型製作所は、高い表面租度と優れた寸法公差、1.5mmの薄肉を実現する鋳造技術を用いた精密砂型鋳造により、皆様に”大幅コストダウン”というメリットを提供してまいりました。
プレス、ダイキャスト、ロストワックスから砂型鋳造への工法変換はコストダウンを実現できますが、品質面が課題とされます。しかし、当社の高い砂型鋳造技術は皆様の要求品質をクリアしています。
私たちの提供するサービスを紹介します。

設備メーカー

装置メーカー

機械メーカー

のみなさま

こんなお困りごとはありませんか?

1

プレス・切削加工品を試作・小ロットで委託できる企業を探しているが、そもそもコスト面でベストな生産方法なのかわからない…

小ロットから中ロット品の鋳物で、高い寸法精度が求められるので、ダイキャストにて生産しているが、金型費用が割に合わない…

試作・小ロットの鋳物を生産委託しているが、鋳造欠陥の発生など不良が多く委託先を探している。またコストダウンも実現したい…

triangle.fw

そのお悩み、私たちが解決します!

アルミ鋳物 課題解決センターを運営するマルサン木型製作所は、試作・小ロットのアルミ鋳造において、納期・コスト・品質の全ての面で皆様の”無理難題”にお応えしてきました。品質・コスト・納期の全ての面で満足頂けることをお約束できる、私たちのサービスのポイントを紹介します。

設備・機械メーカーの設計担当者の皆様
これまでの悩み「即」解決できます

Point1

工法変換による工程短縮、初期コストの低減!
精密砂型鋳造による試作・小ロット生産

アルミ鋳物 課題解決センターは、プレス、ダイキャスト、ロストワックスから、砂型鋳造への工法変換により、試作・小ロット生産品において大幅なコストダウンを実現してまいりました。プレス・ダイキャストは金型製作費用が必要となりますし、ロストワックスは石膏型が高価になります。砂型鋳造では金型が不要で、石膏型の1/2程度の費用で砂型を製作できるため、コストダウンが可能となります。また、砂型鋳造は、金型・石膏型を製作するより短期間で製作できるため、納品リードタイムを大幅に短縮することも可能です。
砂型鋳造への工法変換で課題となるのは寸法精度・表面租度を始めとした品質ですが、当社の砂型鋳造はダイキャストに近い表面租度、寸法公差を実現できます。これは、高い木型設計技術を持ち、8号砂(粒子の細かい砂)を使用しても鋳巣を回避する砂型製作が可能な点や、全品鋳造解析行う品質保証体制が影響します。
小ロット品において高精度な鋳造品を、低コストで生産したい方、是非お気軽にお問合せください。

鋳造品製造コストにお悩みのかた、私たちにおまかせください!

アルミ鋳物 課題解決センターは、前述のとおり、ダイキャスト・ロストワックスからの工法変換で、大幅なコストダウンを実現してまいりました。皆様に、私たちの特徴的な数字をご紹介します!

工法変換を可能にする、私たちの

「5つ」の数字

01

鋳巣による不良率

0.1%

量産品ではなく試作品を製造する場合、毎回異なる形状・仕様となりますので、設計に不備があり鋳巣による不良が発生しやすくなります。アルミ精密鋳造・試作センターは、全品鋳造解析を行うことで鋳巣の発生を回避し、ひけ巣やブローホールを始めとした鋳巣の発生を抑える木型設計技術を生かして砂型製作を行うことで、鋳巣による不良品の発生を極限まで抑えています。

02

アルミ砂型鋳造の寸法公差

CT6-8

一般的に砂型鋳造の寸法公差はCT9-12とされます。しかし、当社の精密砂型鋳造の寸法公差はCT6-8と金型鋳造と同程度となり、高い精度を誇ります。アルミダイキャストの寸法公差はCT5-7となりますので、遜色がありません。
そのため、小ロット生産においては金型費用等の初期コストが割高になるダイキャストからの工法変換が可能となっています。

03

アルミ砂型鋳造の表面租度

Rz29.24 Ra7.009

砂型鋳造の表面租度は、Rz60 Ra27程度とされています。しかし、当社の精密砂型鋳造はRz29.24 Ra7.009という優れた表面租度を実現しております。
ダイキャスト鋳造品の場合、Rz17.68 Ra2.916となりますので、ほぼ同等面粗度の鋳物を砂型鋳造で製造できます。
私たちが納品した試作品を見たお客様は、一目で、ダイキャストと同等の美しい表面に驚かれます。

04

アルミ砂型鋳造の最小肉厚

1.5mm

砂型鋳造では、2mm~3mmの厚みが薄肉の限界だとされています。2mm以下の肉厚では、厚みが不均一になりやすく、また歪みが発生しやすいためです。2mm以下の場合は、ダイキャストが用いられることが一般的ですが、当社の精密砂型鋳造は、金型を用いず砂型鋳造のみで最小肉厚1.5mmを実現し、小ロット品におけるダイキャストからの工法変換を実現しました。

05

アルミ砂型鋳造の寸法誤差

±0.2mm

砂型鋳造品では、大部分で、許容寸法誤差に収めるために、後工程で機械加工が必要となります。一般的に、300mm角程度の製品を砂型鋳造にて成型する場合の寸法誤差は±1.0mmとされますが、当社の砂型鋳造では±0.2mmの誤差にて鋳造が可能です。
そのため、これまで機械加工が当然と思っていたお客様に対し、機械加工レスで砂型鋳造のみで完結させる工法変換の提案が可能となり、大幅なコストダウンを実現しています。

Point2

工法変換による工程短縮、初期コストの低減!
精密砂型鋳造による試作・小ロット生産

アルミ鋳物 課題解決センターを運営するマルサン木型製作所は、短納期ご要望に応えるために試作品を国内工場で生産し、小ロット量産品についてはベトナム工場も活用して生産しています。
コア技術である木型の設計・製作は国内で行い、砂型鋳造からベトナム工場にて行います。熟練した鋳造技術を持つベテラン社員を派遣し鋳造指導、品質管理指導を行うとともに、国内工場にて一定期間ベトナム人作業者を従事させることで、国内同等品質のアルミ鋳物を製造することが可能となっています。
試作品・小ロット品のコスト面、品質面でお悩みをお持ちの皆様、お気軽に当社にご相談ください。

納期面での”無理難題”は、私たちが解決します!

アルミ鋳物 課題解決センターは、精密砂型鋳造により低コストで高い品質を実現するとともに、短納期ご要望にお応えすることで、皆様に選ばれ続けてきました。

短納期を実現する、私たちの特徴

1

木型設計・製造、砂型鋳造・検査を社内で一貫対応しており、
全ての工程を同時並行で進めることが可能!

2

全品、鋳造解析を行っており、培ってきたビッグデータに基づき
設計を行うため設計スピードが早い!

高い木型製造技術と、鋳巣の発生や寸法のバラツキを抑えた
精密砂型鋳造により、トライ鋳造の回数を軽減!

Point3

“無理難題”から逃げません!
他社メーカーが断った案件にも対応します!

アルミ鋳物 課題解決センターを運営するマルサン木型製作所は、皆様の”無理難題”に立ち向かい、課題を解決します。他社メーカーが匙を投げるような困難な課題であっても、当社が解決に向け尽力します。
精密砂型鋳造を行うことができるのも、皆様の”無理難題”に対応させて頂いたからです。最小肉厚1.5mmの実現、ダイキャスト同等の表面租度・寸法精度、アルミニウム合金ダイキャストの砂型鋳造など、全ては困難な課題へのチャレンジから生まれています。
是非、皆様の”無理難題”をお聞かせください!

“無理難題”の解決は、私たちにおまかせください!

アルミ鋳物 課題解決センターは、前述のとおり、皆様の”無理難題”にお応えしてまいりました。私たちの課題解決事例をご紹介します。

サービス提供の流れ

アルミ鋳物 課題解決センターのサービス提供の流れについてご説明いたします。
お客様のご要望に合わせ最適なご提案ができるよう努めてまいります。

STEP1

お問い合せ

まずは、“アルミ鋳物 課題解決センター”にお問い合せください。お電話・メール・FAXなどお客様のご都合の良い方法でお問い合わせください。ヒアリングを実施し、お客様のニーズに合わせて最適なご提案をいたします。ご要望に応じたサービス提供をお約束いたします。お問い合せの際には、お客様のご要望・納期などを詳しくお聞かせください

triangle.fw

STEP2

お打ち合わせ

お客様のニーズにあった仕様を確定させるために打ち合わせを実施します。細かなニーズに基づき、最適なご提案をいたします。リードタイムがない場合には、お打ち合わせをTV会議で実施することも可能です。お申し付けください。

triangle.fw

STEP3

仕様決定、御見積り書の提出、ご契約

ヒアリングやお打ち合わせの結果を踏まえて、最適なサービスならびに、仕様についてご提案をさせていただきます。その際、ロットに合わせたお見積りもご提出いたします。お見積り・仕様についてご納得いただけましたら、ご注文書の送付をお願い致します。

triangle.fw

STEP4

設計・製造・納品

ご契約時に決定した仕様に合わせて、設計、製造を行い、当社にて検品の上、納品いたします。仕様通りの製品を納入させて頂き、検収完了となります。

triangle.fw

STEP5

継続的なお取引となる場合

継続的なお取引となる場合や定期的なロット品となる場合には、専任の営業担当者を付けさせていただきます。お客様のご要望に応じて定期訪問やお打ち合わせを担当者がさせていただくことで、お客様のニーズに合った製品提供をお約束いたします。

お気軽にご相談ください

アルミ鋳物 課題解決センターを運営するマルサン木型製作所は、 ”無理難題”に挑み続ける社風を醸成し、試作・小ロット製品における皆様の課題を解決してきました。 私たちの砂型鋳造技術で、必ず皆様の課題を解決します。お気軽にご相談ください。

技術資料ダウンロード

お問い合わせ

よくある質問

Copyright © 株式会社マルサン木型製作所 All Rights Reserved.