T7材, T7処理

T7処理は、基本的にはT6処理と同じ工程で処理しますが、時効処理の温度が約220℃程度と高いのが特徴です、

 

T6処理材は、エンジン等で熱が加わると寸法が大きくなる「永久成長」という現象を生じ、部品の寸法が変化します。そこで加熱されても寸法変化が少なくなるように時効処理の温度を高くしたものがT7材です。

 

寸法は安定するものの、T6材に比べて強度・硬さは低くなってしまいます。