T6材, T6処理

鋳造した鋳物を溶体化処理→焼入れ→時効処理したものをT6材といいます。溶体化処理→焼入れでアルミ中に固溶させたCu(銅)、Mg(マグネシウム)を時効処理で析出させることで強度・硬さが向上します。

 

T6処理は、熱処理の中で一番強度が高い処理になります。

 

>>技術ハンドブック 「熱処理について学ぶ」の無料DLはこちらから!

熱処理 ハンドブック